千切屋の歩み


 

 

                                           

                                                   

 

                                                   

 

 

 

およそ100年余前、

初代 秀雄が、「ちきりや」(現、福知山高校前にあった菓子屋)に丁稚奉公へ行き、その後のれん分けをし、現、岡ノ町に独立し店を構えたのが、『千切屋』の始まりある。

 

大正時代、

福知山駅前通りとして商店が立ち並んでいた岡ノ町。

各町内に八百屋・魚屋・酒屋などの商店があり、千切屋も菓子屋として、その中の一つだった。

 

当時千切屋には、生姜煎餅や、角玉煎餅、海苔煎餅など駄菓子を含め、たくさんのおせんべいを焼いていました。

 

そんな中、

 

千切屋の福知山名物『踊せんべい』は、初代を含む地元有志の皆々さまより、福知山名物となるものを作って欲しいとの依頼を受けたのが始まりです。

 

そこで秀雄が、素朴で優雅な福知山音頭と踊りを味覚で表現しようと、全国を行脚したのち、考案・試行錯誤のうえ創り上げたものです。

 

発売当初「こんな高価なもの売れへんわ」とも言われましたが、其の後、御土産品や御進物品などの福知山の代表として、数々の賞を受賞いたしました。

 

そして、2代目、3代目、4代目と一子相伝にて受け継がれた技術をおせんべいだけでなく、時代の流れ、幅広い視野・構想でもって新商品を開発、販売。

 

現在も、進化し続ける“ほんまに旨いせんべいを”追求しています。

   


お取扱い販売店



1920

(大正9)

 初代  秀雄

・千切屋を創業

・踊せんべい考案

・職人2名・弟子2名を抱える大所帯へ

・高松商会 開業

19  年~  2代目 雄三

・バナナカステラ考案

・踊せんべい全国行商行脚

・踊せんべい 福知山駅構内

・キヨスク様にて販売開始

19  年~  3代目 修一

・牛乳せんべい 考案

・京都生協様にて販売開始

・大江山せんべい 考案

・踊せんべい 福知山市内

各スーパーマーケット様にて販売開始

・カステラ饅頭 考案

・踊かさね 考案

2011年~   4代目 大介

・千切屋 改め 合同会社 ちきり屋へ

・フードプリンター 導入

・ちきDo 考案

・こだわりたまごのシンプルプリン 考案

・春季限定 踊かさね 練乳あんイチゴ

・秋 数量限定 踊かさね 丹波栗

・踊かさね 栗宝 考案

・舞鶴若狭自動車道 西紀SA上り線様にて販売開始

・豆玉チョコシリーズ 考案

・福知山アイス 考案

・Egg plate beautyシリーズ 考案